小売価格と骨董品買取価格の決め方

骨董品には、彫刻や掛け軸・茶道具に至るまでさまざまな品目で構成されています。

それに加えて、用途も先祖代々受け継がれた物や譲り受けた物など、実に多種多様です。
そんな骨董品の買い取りには古美術店が受け持つことが多く、骨董品買取における価格の決め方について解説したいと思います。

やはり、店主が声を大にして言いたいことは「キレイな状態に保つ」に尽きます。
骨董品の価値を決めるのは、古美術店に常勤している鑑定士です。

事前に骨董品の手入れをすることで鑑定士の印象が良くなり、価格に反映されることがあるからです。
しかし、あくまで骨董品買取の価格は商品における価値につくものなので、所有者はそのことを留意する必要があります。

他にも、骨董品が入っていた箱や袋などを備えておくことも大事で、これは買い取り価格に大きな差が出る要素として勧めます。

これらに共通して言えることは、骨董品買取における価格は、骨董品だけで採決されるものではないことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です