骨董品買取の査定を意識した掛け軸の贋作・偽物の見分け方

掛け軸等の骨董品買取をするに当たって、本物と偽物との区別は非常に難しいと言わざるを得ません。
実際にその道のプロですら、本物かどうか分からない場合もあるというので、素人には到底理解できないのではないでしょうか。

ですが、その骨董品買取と再販によって、利益を得ている業者も実際に存在するところをみれば、真贋を見分けるコツというのがありそうにすら思えます。

では、本当にその様な方法等、あるものなのでしょうか。
真贋を見分けるのに難しいのは掛け軸等が多いものです。
これの見分け方ですが、まず、前提条件として、真似をされることが無い、地方だけで活躍されてきた画家や書家等には、偽物が少ないものです。

実際に偽物を作った所で、マーケット自体が狭いのですから直ぐにバレますし、第一、販売に苦労するでしょう。

全国的に有名な画家や書家の場合は、骨董品屋のマーケットで販売されており、裏書きや花押等が本当であれば、多分、本物と考えて間違いないでしょう。